欧米のマーケッターたちは「買ったものしかアフィリエイトしない」

Pantanea_ / Pixabay


 

英語圏のマーケッターは日本とは全く違う考え方を持っています。私自身はいろいろ
とPinterestを通じて英語圏のマーケッターたちの考え方などを習いますが彼らはまず
自分が実践したことしかアフィリエイトしないといいます。

つまりこれはアフィリエイトするのであれば自分が購入したものや経験したことしかしない
ということになるのです。何故か日本人はここが違います。



 

アメリカの場合ブログの記事一つに免責事項を明記しないといけない

 

これは以前にも話しましたがFTCのガイドラインと言うものがアメリカにはあります。日本で
いえば公正取引委員会に当たるところです。これは日本で言えばAmazonアソシエイトや
グーグルアドセンスなどが免責事項を書いてくださいというのがそのFTCのガイドラインに
当たる部分です。

日本の場合はアドセンスやAmazonアソシエイトをする上では明記しないと駄目ですが、
それ以外の国内のASPについては任意です。販売者は特定商取引法と言うものがあります
がアメリカの場合は特にアフィリエイト対してはフェアでないといけないのです。

ですから厳しいのではないでしょうか。

 

日本の場合はほぼ売り込みばかりするアフィリエイターが多い

 

日本の場合はほぼ売り込みをするアフィリエイターが多いです。楽天でもそうですが使った
ことがないものをアフィリエイトするという手法が未だに教えられているので感心しません。
これらは言わば詐欺師の常套句ではないでしょうか。

こんなアフィリエイターがいたら私は購入しません。そして何よりも英語圏の場合は必ずブログ
にアフィリエイトをやっていますと明記します。これは欧州でも同じことです。ですからこの手法
はあまりおすすめできません。

日本はもっとこのあたりを改善するべきです。

 

自分で購入したものしかレビューしない

 

世界中いえますがどこでもアフィリエイトは自分で購入したものは分かりますしいろいろなことが
かけます。勿論いろいろな考えがあるのは仕方がありません。しかし買ってもいないものは所詮
は長続きはしません。

というかアフィリエイトをしたとしても長続き以前の問題ではないでしょうか。私はそんなことをする
ぐらいならばやはりしっかりと購入したものに対し顧客の視点にたてば何かが見えてくるのではない
でしょうか。

Amazonアソシエイトサイト削除は大変

qimono / Pixabay


 

Amazonアソシエイトのサイトの削除依頼は結構大変なものでした。私は昨日は1サイト
削除しましたが結局は独自SSL化に伴い今はレンタルサーバーを探していますが、
個人的には結構めんどくさいです。



 

お問い合わせから言わないといけない

 

結論から言えばAmazonのアソシエイトのサイト削除はお問合わせからアソシエイト
に登録しているサイトの削除をしたいのですがという風に言わないといけないので
結構時間がかかります。

本当にめんどくさいです。こんなことないですね。私はとにかく削除依頼はしましたが
とにかくこれほどややこしいことはないです。まぁいい経験になりましたが新しいサイト
を作りましたので別に削除しても問題はないです。

 

要はAmazonアソシエイトに登録している側から削除しないといけないということ

 

これが結構めんどくさい部分でありなおかつ私も最初の頃はわかりませんでした。つまり
勝手にするなと言うことです。Amazonの場合はサイト審査も事前に行うのでとにかく何か
から何まで厳しいものです。

個人的にはやはりいろいろな意味でまぁ本当にAmazonをやっている人間としてはいい
経験ができたと思います。でもいろいろな意味でもAmazonアソシエイトは結構たいへん
というのは言うまでもありませんがとにかくこの削除だけでも時間がかかりますね。

はっきり言えることは何かと言えばまず手順を間違いないことです。手順としては以下
とおりです。

1 削除したいサイトをAmazonアソシエイトのカスタマーに連絡する
2 削除しましたというメールを確認する
3 確認が終わったらアカウントにログインをして削除したサイトを手動で削除する

という流れになります。まぁ本当にややっこしいです。

テレビで言うことと現実は違う

geralt / Pixabay


 

あなたはテレビで言うことと現実でやることは同じだと思いますか。勿論イエスというので
あればそれは詐欺師に騙されています。何を言いたいかといえばテレビの言うことが正しい
のであればネットはいらないということですが現実は違います。



 

警察の職務質問あなたは答えますか

 

警察24時でよくある職務質問ですがこれらは応える必要はありません。職務質問は任意
であり警察官職務執行法2条1項の規定によらぬ限りあなたは何も断る事ができます。
私は断っています。テレビは疚しい犯罪者ばかりを報道していますがこれこそがスピン報道
です。

つまりあなたを騙すための報道なのです。私は職務質問で長く不当行為を受けた際には
抗議に行きました。しかし何も言われませんし逆に帰ってくれと言われるぐらいです。
あなたは完全に刷り込みを受けているのです。これがビジネスとあれば大損害です。常識
ある人間ならばまずはこの時点で気づくはずです。

実際にすることと言うことは違います。それがメディアはみんな誇張します。つまり大衆をだます
ためにメディアがあるのです。

 

どうして教育無償化にならないのか

 

いまは選挙の時期ですがなぜ教育が無償化にならないのでしょうか。みんなこぞって教育を
無償化しますなんて言いますがこれもウソです。過去にもできたはずなのにみんなこんなウソが
平気で言えるなと思いますが私はまず政治家が税逃れ=タックスヘイブンをしているのだといえ
ます。

つまり政治家や企業が脱税していることです。メディアは報じません。こんなことを報じたらどうで
しょうか。あなたのアフィリエイトで稼いだ税金も全て彼らがタックスヘイブンをしているのです。
ですから言わないのです。

事実上教育の無償化は金持ちから課税をすればできますし個人的には弱者にばかり負担を
かけないで頂きたいと思います。

 

NHKの職員の平均年収は1700万

 

これはあなたもご存知かもしれませんがNHKの平均年収は政治家よりも高いと言われています
受信料収入がだいたい7000億としたらNHK会長の年収は3400万です。安倍総理でさえ2300万
です。この国はNHKの会長がえらいのかという皮肉さえ聞こえてきます。

今度はネットからも受信料を取ろうとしていますがNHKは原則ウソを平気でいいます。ですから
あなたはそんな連中に騙されてはいけません。事実を語るマーケッターだからこそ本音で勝負
をしないといけません。

簡潔に言えばメディアは詐欺師です。新聞もテレビも。はっきり言えばこんなものはいらないです
私はかなり迷惑なのでみません。